いっしょのお墓

夫婦墓とは、現世で二人一緒だった夫婦が一緒に入るお墓のことを言います。お墓は、代々家のものに入ることが多かったのですが、現在では民法が改正され家という制度がなくなりつつあります。新たにお墓を購入していくなかで、夫婦墓というあたらしい方式が出現していました。 その際には、いくつかの注意事項があります。まず、どちらかが先に亡くなった場合、その後に夫婦墓に入ることについて家族に遺言などを残しておく必要があります。夫がもともと家のお墓の継承者である場合は、どちらのお墓に入るかが問題になりますので、しっかりとほかの方に家のお墓を守ってもらうようにしておくことも必要です。夫婦墓は新しいお墓といえますのでしっかり理解してもらうことが必要です。

夫婦墓は夫婦が入るものですので、子どもなどにお墓の面倒を見てもらうことが負担になるのであれば、永代供養をお願いするという方法があります。ですので、夫婦墓と永代供養をともに申し込めるような寺院もあります。 生前違う宗教を夫婦が信仰していた場合、どちらの形式で祀るのかそれともそのほあの宗教で祀るのかなども決めておくことが、スムーズにお墓づくりが進むために必要です。 墓石のデザインも、夫婦墓ですとその二人を表すようなオリジナルなデザインのお墓を建てられることもあります。お墓や供養の様式は人々のニーズの多様化により、その形も多様化してきています。 お墓の状況についても、インターネットなどでさまざまな情報を手に入れることもできます。